平 俊介|睡光都市景

​2021年7月3日(土)- 7月31日(土)​

「都市の疲労感」というキーワードがここ何年も頭から離れずにいる。

一見煌びやかな都会の風景に、そこはかとない歪みや鬱屈が滲んでいるのをずっと感じてきた。

町のシンボルとされる高層ビルにも最新の巨大商業施設にも、そこで働く人々がぎっしりと詰まっていて、

どうしてもその様子に意識がいってしまう。

私にとって都市とは発展の象徴ではなく労働現場の密集地という印象なのだ。

イヤホンとスマホの画面で感覚を遮断し満員電車に耐える会社員や、真っ黒に日に焼けながら建築資材を組み上げ続ける現場作業員の姿を、

絵描きという立場の私は疎外感とともにどこか蚊帳の外にいる気持ちで眺めてきた。

私独自の視点があるように、彼らにも労働者という立場からの視点がある。

私には想像することしかできないが、彼らの見る様々な景色を美しい風景画として描きたかった。

2021 年 平俊介

平俊介

反復勤労車

2021

アクリルガッシュ、キャンバス

162.0 x 130.3 cm.
 

Shunsuke Taira

Iteration Diligent Labor Car
2021

Acrylic gouache on canvas
 

手企業に勤めていた友人の話をもとに制作しました。

一見華やかに見える高層ビルの中には、毎日業務に追われながら淡々と仕事をこなす人々の姿があります。ビルの外側からは見えない大勢の鬱屈を表現しました。

平俊介

微睡ヶ淵駅

2018

アクリルガッシュ、キャンバス

72.7 x 60.6 cm

Shunsuke Taira

Edge of Sleep Station
2018

Acrylic gouache on canvas
 

毎日同じ道順で同じ電車に乗り出勤していると、通勤途中の記憶が朧げになることがあります。道中の記憶が抜け落ちたり、今日のことか昨日のことか区別がつかなくなる様子を表しました。

平俊介

コミューター・アグレッション

2021

ミクストメディア

13.0 x 21.0 x 31.0 cm

Shunsuke Taira

Commuter Aggression
2021

Mixed media

満員電車に毎朝押し込まれ、社会的距離が皆無の状態のストレス、足を踏まれたときに生じる過剰な苛立ちを表現しました。

平俊介

蕭然町喫煙所

2020
アクリルガッシュ、キャンバス

72.7 x 91.0 cm

Shunsuke Taira

Smoking Area in the Secluded Town
2020

Acrylic gouache on canvas

平俊介

煙光喫煙台

2021

アクリルガッシュ、紙、木製パネル

72.7 x 91.0 cm

Shunsuke Taira

Smoke Light from the Smoking House
2021

Acrylic gouache on paper and wooden panel

蕭然町喫煙所

喫煙所が年々少なくなり、喫煙者が淘汰されつつあります。喫煙者がいなくなってほしいという世間の願望とは逆に、タバコ嫌いな人がいなくなればいいのにというのが喫煙者の願望です。嫌煙家、非喫煙者がいなくなればそこはゴーストタウンになります。喫煙者にとっては楽園のような景色です。

煙光喫煙台
町で喫煙所を探すことは今や至難の業になりつつあります。この喫煙所は周囲の迷惑を省みず煙の匂いで所在をアピールし、同志を募っています。

藤森 詔子

Honest Eyes

2020年

油彩、キャンバス、パネル

25.7 x 18.2 cm

Shoko Fujimori

Honest Eyes

2020

Oil on canvas and panel

10.1 x 7.1 inch

藤森 詔子

The Flower for You

2020年

油彩、キャンバス、パネル

25.7 x 18.2 cm

Shoko Fujimori

The Flower for You

2020

Oil on canvas and panel

10.1 x 7.1 inch

Honest Eyes

大筋のテーマは「The Smiling Skin」と同じですが、 この絵は、嘘のない真っ直ぐな瞳を描こうと思いました。笑っているのか眩しいのか、どちらとも取れそうなくらいの微妙な表情にしたいと思っていました。 「真っ直ぐな瞳」という言葉の日本的なニュアンスが難しかったので、タイトルは「正直な」という意味合いのHonestを使って付けました。

The Flower for You

相手に対し、愛を込めて花を送るような気持ちで描いた絵です。

具体的に特定の相手を想定して描いた訳ではありませんが、コミュニケーションの中で、誰か相手に想いを伝えるという事は、本来こういう気持ちだと思うのです。本当の花はすぐに枯れてしまいますが、絵の中の花はずっと綺麗に咲き続けてくれます。

大作であればもっとイメージを膨らませたり置き換えたり、シチュエーションを捻ったりするのですが、この小作品はシンプルにしたくて、そのまま花だけを描きました。