次回展覧会

両 国

11.jpg

​大竹竜太 " 11 "  2021年 アクリル、キャンバス 104 x 120cm

大竹 竜太

OOtake

2021年6月26日(土)- 7月24日(土)

※オープニングレセプションは開催致しません。

営業時間 :火曜日 – 土曜日  11am – 7pm   日曜・月曜・祝日休み

【新型コロナウイルス感染予防ご協力のお願い】

発熱や咳、息苦しさなどの症状があるお客様はご遠慮いだだきますようお願いいたします。

マスクの着用と、入店時に店頭にて手指のアルコール消毒をお願い致します。

混雑が発生した場合は、入場制限をすることがございます。

ギャラリーでは定期的な換気、清掃を行い、スタッフの健康管理、うがい手洗い消毒、マスクの着用の徹底をいたします。

 GALERY MoMo Ryogokuでは、6月26日(土)から7月24日(土)まで大竹竜太の個展「OOtake」を開催いたします。

 大竹竜太は、1976年大阪に生まれ、2000年に京都市立芸術大学美術科を卒業、2002年には同大学大学院美術科絵画専攻を修了しました。大学院在学中にイギリスRoyal College of Artに交換留学を経験し、2003年の初個展を皮切りに、関西、東京を中心に個展を重ねてきました。2006年に佐倉市立美術館、2007年には広島市現代美術館でのグループ展に参加。当ギャラリーでは初めての個展となります。

 子供時代からビデオゲームが身近にあり、「キャラクターや設定を抜き出し再構築しながら兄弟と一緒にしゃべりながら絵を描いて遊んでいた」という大竹にとって、ゲームは制作の原点となっています。初期より、日本のロールプレイングゲームの画面を想起させるような城壁、ダム、ロボットなど、人工物を俯瞰したような視点で描き、その一コマのモチーフに言葉に置き換えがたい精神性さえ感じさせ、独特な世界観を表出させてきました。

 また、アニメのキャラクターのような人物画は、Mr.が描くアニメ風の美少女を思わせますが、冷たいコンクリートの壁を思わせるものがその背景として用いられ、現実感を薄めるように人物の影が歪んでいます。少女だけでなく男性を描くこともあり、その姿は少女よりも現実世界に近い服装をまとって、男性を実在するもの、女性を非現実の世界のものととらえ、対比的に描いているように感じさせられます。

 本展では、循環するエネルギーをテーマとした新作を展示する予定で、ゲームの中の世界やアニメのキャラクターを描くというよりは、そこから一歩踏み出し、現実の世界からその中の世界を見るような作品になっています。

 大竹らしさと新たな要素が溢れる作品を是非ご高覧ください。

 

 

アーティストコメント


「You Are Beautiful
 You Are Beautiful」
といった風に聞こえるパターン

 

​2021年 大竹竜太

[略年譜]    
1976     大阪府出身
2000     京都市立芸術大学美術科 卒業
2000-2001    Royal College of Art  交換留学
2002     京都市立芸術大学大学院美術科絵画専攻 修了
   
[個展]    
2003     MORI YU GALLERY (京都)
2005     TARO NASU Gallery(東京)
2009     TARO NASU OSAKA(大阪)
2015     SUNABA ギャラリー(大阪)
2016     SUNABA ギャラリー(大阪)
        新宿眼科画廊(東京)
   
[グループ展]    
2001    「神戸アートマニュアル2001」神戸アートビレッジセンター (神戸)
2002    「Accretion Disk」MORI YU GALLERY(京都)
2003    「Snow White」キュレーション:長谷川祐子   同時代ギャラリー(京都)
2006    「辿りつけない光景 Chaosmos'05-Unreal Reality」佐倉市立美術館(千葉)
       「my cup of tea -Private Luxury」TARO NASU Gallery(東京)
2007    「ポートレート・セッション」広島市現代美術館(広島)
2008    「Opening exhibition II」TARO NASU(東京)
       「是が非の絵画」大和プレスビューイングルーム(広島)
       「450」TARO NASU OSAKA(大阪)
2009    「neoneo展 Part1[男子]ネオネオ・ボーイズは草食系?」高橋コレクション日比谷(東京)
       「Only One一個人」MOT/ARTS(台北)
       「feat.huntorama salon show」MUZZ PROGRAMSPACE (京都)
2010    「FLATLAND ― 絵画の力 ―」京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA1,2 (京都)
2012    「モニターとコントローラーの向こう側へ-美術とテレビゲーム-」neutron tokyo(東京)
2016    「SUNABA POP」SUNABA GALLERY (大阪)
2018    「Point 01 層状の思考」SUNABA GALLERY (大阪)
2019    「Point 04 風景の発見」SUNABA GALLERY (大阪)
2020    「再考」GALLEREY MoMo Ryogoku(東京)
   
[コレクション]    
   高橋コレクション
   

4.jpg

​大竹竜太 " 4 "  2021年 アクリル、キャンバス 120 x 104cm