再考 / Reflection

June 6 - August 8, 2020

vol.2 / June 30 - July 18

IMG_3633.JPG

“動いて見えるもの、それは”

2020年4月5月、街から人が居なくなった景色は、無機質で殺風景でした。
いつも見慣れていたはずの街路樹の緑や花が、より一層色味を増して、季節のめぐりを強く感じました。
人の手にとどまることなく流れてゆく花から、花盛りの季節のスピード感、諸行無常の移り変わりを表現しました。

池田 幸穂
 

SI-20-07.JPG

池田 幸穂

動いて見えるもの、それは

2020年

アクリル、キャンバス

31.8 x 41.0cm

Sachiho Ikeda

The things look like moving is…

2020

Acrylic on canvas

46.0 x 46.0 inch

JPY 68,000- (+Tax )

SI-20-08.JPG

池田 幸穂

再会

2020年

アクリル、キャンバス

27.3 x 22.0cm

Sachiho Ikeda

Reunion

2020

Acrylic on canvas

10.7 x 8.6 inch

JPY 43,000- (+Tax )

IMG_3607.JPG

“Automatic Line”

Automatic LineのシリーズはCNCという機械で描いている。
CNCとは工場など産業分野で昔から広く使用されている機械のことである。身近なものではプリンタに似ている。
機械を使うことは、道具として選択したに過ぎないが、私たちの生活はそうした産業機械で成立っている。そうした生活様式の中にあることが機械を選択した理由の1つである。
絵の構成要素も例外ではなく、布、木枠、絵具、道具のほとんどは機械で作られている。それは事実であって、大量生産と一言でいっても想像できないほどの人々の労働を必要としている。その事実が自明だとしても、しかしそれらの物がどうやって作られたかはとてもわかりづらく、とても見えづらい。

 

古畑 智気

TF-20-16.JPG

古畑 智気

Automatic Line No. 0052

2020年

アクリル、綿布

73.0 x 73.0cm

Tomoki Furuhata

Automatic Line No. 0052

2020

Acrylic on cotton cloth

28.7 x 28.7 inch

JPY 140,000- (+Tax )

TF-19-04.JPG

古畑 智気

Automatic Line No. 0030

2019年

アクリル、綿布

46.0 x 46.0cm

Tomoki Furuhata

Automatic Line No. 0030

2019

Acrylic on cotton cloth

18.1 x 18.1 inch

JPY 70,000- (+Tax )