Shinnosuke Yoshida
 
PERISCOPE


August 14 (Sat) - September 11 (Sat), 2021

PERISCOPE

2021
HD Video / Stereo sound
Edition of 10
11min37sec

「PERISCOPE(ペリスコープ)」は、英語で「潜望鏡」という意味である。 
自宅のある日暮里と勤務先の上野とインターネットを、マスクをつけながらひたすら巡回するだけの小さな動きから見えてくる世界は、

つくづくシルエット的であると思う。 
まだしばらく、潜らなければならなそうだ。 私はそこから日々、覗き窓をぐるぐる覗く。

非常に大きなニュースが立て続けにあったなかで、鶏肉を照り焼きにするかカツにするか悩んでいるII_最新版.oil

Amid happening big news in a row, I'm bothered by how I cook the chicken, teriyaki or cutlet II_latest ver.oil

2018 - 2021
Oil on canvas
259.0 x 194.0 cm

この作品は2018年に一度完成し公開している。
作品タイトル「非常に大きなニュースが立て続けにあったなかで、鶏肉を照り焼きにするかカツにするか悩んでいる」は、

2017年2月14日21時08分に私の知人がツイッターに投稿したツイートの全文である。
この日は、北朝鮮の金正恩の兄である金正男が、マレーシアにて暗殺されたとの報道が、日本のニュースで大きく取り上げられた日であった。
ニュースの画面から顔を上げ現実世界を見渡すと、洗濯をし、ご飯を食べ、日々のことを考え生きなければならない自分の生活があった。

また画面に目を戻すとこのツイートがあった。
その時得たインスピレーションを、私は作品化したくなった。2017年の個展でその作品を発表した。
翌2018年6月にはシンガポールにて米朝首脳会談が行われ、またメディアが騒ぎ始めた。

私はこのメディア表層で起きているスペクタクルと自分の私生活が同時に存在する様をまたも作品化したくなった。

そして2018年に新規にバージョン2を制作し発表した。
その後この作品は、アトリエに置かれていたままであったが、2020年の新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の世界的流行によって、

世界中の人々と自身の生活様態が変わった際にこの絵も更新したくなった。
まるで違うゲームのセーブデータが上書きされてしまったかのような変化。
私は「非常に大きなニュースが立て続けにあったなかで、鶏肉を照り焼きにするかカツにするか悩んでいる」

というコンセプトを保ったまま、最新版を文字通り上書きした。
それは新しい地層が生成されるようでもある。

この作品で表現したかったもののひとつ、それは息苦しさかもしれない。
断片しか見えず見通せない息苦しさ。
地層に埋没していく息苦しさ。
ノイズまみれの息苦しさ。

 

植物のある部屋-対岸の火事

Room with Plants - Fire on the Opposite Shore

2019 - 2020
Oil on lawn cloth, rabbit-skin glue
162.0 x 162.0 cm