藤森 詔子|舵を取れ!

January 16  - February 13, 2021​

 これまで経験したことない流行り病で、外出自粛を余儀なくされた2020年の春は、コミュニケーションの在り方を振り返らざるを得なかった。

 家に籠もり今何を描きたいか?と考えた時、改めて人と触れ合い共に生きること、それらをキャンバスに残し誰かに伝えたいと願うことなど、自然と絵を描く根本的な動機にたどり着いた。

 同時に、17歳で初めてルーブル美術館に行ったことを思い出す。将来画家になりたいのなら早いうちに経験をと、父が連れて行ってくれた二人旅行だった。その時に見たテオドール・ジェリコーの大作、「メデューズ号の筏」は衝撃的で特に強く印象に残っている。 当時ルーブルで買った図録を引っ張り出しページをめくると、高校生の私が付けた絵具汚れと懐かしい図版が載っており、いくつかのページには深い折り目がついていた。制作の参考に、開いてイーゼルの足元に置いていたと思う。絵画を志す原点はここにあったと思った。過去の自分に大きな力をもらったような気がした。

 「メデューズ号の筏」にインスパイアを受けた「舵を取れ!」は、2020年の春でなければ描くことはなかった。

 先のわからない不安の海を進む沈みかけの小舟。決して希望を捨てず大きな旗を振り、全力で歌い、仲間を助けながら最後まで諦めない。

 私の絵の中に出てくる登場人物は、この世界の誰でもある。

 家族や恋人や友人や同僚など、社会で共に時間を営む人々と、時に楽しくじゃれったり、読み合いの駆け引きをしたり。決して一 定ではない危うさ、切実さ、そういったアンバランスな心模様全てが、健全な人間らしさなのだと思う。

 

藤森 詔子
 

藤森 詔子

舵を取れ!

2020年

油彩、キャンバス

162.0 x 162.0 cm

Shoko Fujimori

Take the helm of yourself !

2020

Oil on canvas

63.7 x 63.7 inch

17歳の時ルーブル美術館で見た『メデューズ号の筏』と『民衆を導く自由の女神』をよく覚えています。

大きなキャンバスに危機迫る状況が描かれていて、不安を掻き回されるようでした。

2020年の春、今何を描きたいか?と自分に問うた時、 この2枚を思い出しました。

もう座礁しそうな舟の上で、大切な人を助けようと抱く人。沈むその瞬間まで精一杯ギターで歌う人。困難な中でも大きな旗を掲げる人。

未来がどうなるかは分からない。

しかし、この先もし私達に、ゆっくり沈む舟のような不安が襲ってきたとしても、互いに手を取り合い、出来る限りの幸せを未来に繋いでいけたらいいと思います。

藤森 詔子

ナルシシストたちの遊戯室

2020年

油彩、キャンバス、パネル

162.0 x 162.0 cm

Shoko Fujimori

The Playroom of  the Narcissists

2020

Oil on canvas and panel

63.7 x 63.7 inch

バルテュスの『美しい日々』をはじめとする、少女と手鏡のシリーズをイメージの源にしています。

自己愛をテーマに描いたこの作品は、プレイルームでティータイムを楽しんだり、うっとりと手鏡を覗く女性に男性がじゃれ合って遊んでいます。楽しそうなシーンの細部には、美しい花やフレッシュな果物、似つかわしくないドクロ、後ろには数本の矢が危うく飛んでいます。また、矢は“心を射止める”象徴でもあります。

自己を愛する気持ちは時にエゴイズムでもありますが、それも人間らしさだと隠すことなく肯定したいと思っています。