top of page

開催中の展覧会

両 国

IMG_9996.JPG

平 俊介|茫漠建設現場の夜
2024年2月24日(土) -  3月30日(土)
オープニングレセプション:2
月24日(土) 17:00 - 19:00

展示風景

11:00 - 19:00 日曜・月曜・祝日休み

 GALLERY MoMo Ryogokuでは2月24日(土)から3月30日(土)まで平俊介による個展「茫漠建設現場の夜」を開催致します。
 平俊介は1988年東京都生まれ。2012年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業、2014年同大学院美術研究科油画専攻を修了しました。
 初期より、現実の建造物や構造物を擬人化の要素を加味しながら、近未来的な雰囲気を持ったものへと作り替え、緻密な描写力でその相貌を描き出してきました。描かれた建造物や構造物は必ずしも未来のユートピアを描いたものではなく、ささやかな希望と、同時に失望感も内在しており、アイロニカルでさえあります。
 産業革命以降人間は凄まじいスピードで機械化を進め、今に至るまでそのスピードが緩むことはありません。平は、その進化し続ける大都会のネオンにつつまれたビル群や、機能性のみを追求した工業地帯に感じた狂気を、独特の擬人化された要素を取り入れながら表現してきました。人の作り出すものの中に、欲求や願望、あるいは時代性を感じとり、架空の建造物や構造物を描くことで、建造物と人々の心理の関係性や、平が感じた都市に対する違和感などをビジュアル化しています。
 2021年に「労働」をテーマに開催した個展では、現実と幻が入り混じった景色を描き、どこか鬱屈していて空虚感が漂うものばかりで、現代日本社会の労働環境を体現しているような作品を発表し高く評価されました。
 本展では、そうした鬱屈感や空虚感よりも、不穏感を強くした建設現場を描いた絵画作品を中心に、ドローイング、立体作品を展示する予定です。目的も全貌も分からない建造物の、怪しげな建設現場を描きたいという思いから制作をスタートさせた今回のシリーズは、誰が計画したのか、はたまた計画だけが一人歩きし始めたのか、怪しげな気配を感じる作品となっています。平創り出す独特の世界観を是非ご高覧いただけたら幸いです。

アーティストコメント

様変わりし続ける町の風景に、水面下の何かの存在を想像することが増えてきた。
目や耳から入るニュースや情報に懐疑的になりがちな昨今であるせいか、建設現場や解体現場から漂う、見えない第三者の気配のようなものを強く感じるようになった。
誰かの計画のもと、明確な目的を持って組み上げられているのか、目的すら失って一人歩きした成れの果ての姿なのか。
ぽつりぽつりと作業灯の灯る夜の工事現場に蠢く、無言の意思の気配をひたすらに描きたかった。

 

2023年 平 俊介

[略年譜]    
1988    東京都生まれ
2012    東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2014    東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻修了
   
[個 展]    
2014    GALLERY MoMo Projects(東京)
2016    GALLERY MoMo Ryogoku(東京)
2021    GALLERY MoMo Projects(東京)
   
[グループ展]    
2011    「New-laid eggs vol.2」GALLERY MoMo Ryogoku(東京)
2012    「分岐展 vol.2」GALLERY MoMo Roppongi(東京)
           「interaction vol.1」GALLERY MoMo Roppongi(東京)
2014    「三人展」東京都立総合芸術高等学校(東京) 
           「夏の芸術祭2014-次代を担う若手作家作品展」日本橋三越本店 美術特選画廊(東京)
2018    「リオンソー総選挙」日本橋三越本店 美術特選画廊(東京)
2019    「NEXT WAVE」伊勢丹新宿店アートギャラリー(東京)
2020    「再考」GALLERY MoMo Ryogoku(東京)
       「惑星-PLANETS-」日本橋三越本店 美術特選画廊(東京)
   
[コレクション]    
ピゴッツィコレクション    
HOKUBU記念美術館    

 

bottom of page